修復歴ありの車の選び方

中古車販売店へ行くと修復歴ありになっている車が販売されていることがありますよね。要は事故車のことなのですが、金額が大分安くなっていますからお買い求めし易い存在です。ただし事故車ですからよく選んで判断する必要があります。

選び方としてはまずどの程度の修復を行っているのかを業者に確認してみましょう。修復歴ありは基本的に骨格にまで影響が及んでいる車のことであり、そして程度はそれぞれの車によって違っています。大きく骨格が修復されているような車ですと不安も付きまとうものですし、その点に関して確認をした方が安心です。あまり質の良くない業者ですと曖昧にされてしまうこともありますので、はっきり答えてくれないようなら見送った方が無難かもしれません。

修復歴車か調べる方法

自分自身でもチェックできる部分がありますが、まず隙間が均一になっているのかを確認してみましょう。

例えばボンネットやドア、トランクなどの部分にはチリと呼ばれる隙間がありますが、均一になっていないようなら歪みが残っている可能性があります。そういった箇所がいくつもあるようですと全体的に歪みが起こっている恐れもありますのでチェックしてみることが大切です。

実際に試乗をさせてもらい正常に走行することができるかどうかもチェックポイントです。

判断の方法としてはハンドルを離してみて真っ直ぐに走るかどうかを確認します。正常な状態の車ですとハンドルを離してもある程度は真っ直ぐに走ってくれますが、歪みがある車の場合は左右にぶれてしまうことがあるのです。また、真っ直ぐに走る場合でもハンドルが曲がっているような状態は良くありませんので併せてチェックしましょう。

ブレーキを踏んだ時にハンドルの挙動がおかしくなるのも要注意。ブレーキの効き具合で発生することもありますが、しかしながら何度も連続で起こるようなら歪みを持っている可能性があります。

修復歴ありの車でもしっかりと見極めて購入すればお得に手に入ることもありますので、よく確認してみてお買い得な車なのか判断しましょうね。