2月, 2017 からの更新 コメントスレッドの表示切替 | キーボードショートカット

  • seiryu-juku.com 11:50 AM | 2017年2月19日 パーマリンク  

    オークションで車検切れの車を購入した時の対処法 

    中古車を購入するときは、中古車販売業者から購入することが一般的でした。しかし中古車販売業者を通すことによって中間マージンが発生してしまうので、販売価格に上乗せされることがあります。そのためもっと安く中古車を購入したい人と、もっと高値で中古車を売りたいという人の利害が一致して、最近はオークションで車の売買が盛んになっています。

    ただオークションで購入するときには注意が必要で、詳細な情報を得られるかどうかを確認する必要があります。中古車販売業者のように、売り手と買い手の間にたってくれる人がいませんから、購入するときは自己責任になります。そしてオークションで出品されている車の中には、車検切れのものもあります。

    仮ナンバーを取得して運転する方法

    車検を通しておかないと公道では走ることができないと法律で定められているので、車検切れの車を落札しても移動することはできないのではないかと心配になることがあります。しかし車検切れの車をオークションで落札した場合は、ちゃんと移動するための手段があります。1つは、仮ナンバーを取得して車を自分で運転する方法です。

    自分が住んでいる自治体の役所に行き、臨時運行許可証を得る手続きをします。その際に提出するものは、認印と自賠責保険証書、そして車検証もしくは抹消登録証明書です。自賠責保険証書は1か月間の短期の物でかまいません。ほんの少しとはいえ運転するのですから、万が一の事故のためにも加入しなければなりませんし、車を運転する人は自賠責保険に加入することが法律で定められています。

    仮ナンバーを取得したら、そのナンバーを持ってオークションで落札した車を引き取りに行きます。仮ナンバーを申請するときに、出発地と到着地を記入しますので、それ以外の走行はしてはいけません。また助手席や後部座席に人を乗せることもできませんから、寄り道などはせずに出発地から到着地だけの運転にします。仮ナンバーは期限がありますから、期限内に落札した車を取りに行き、さらに車検を通さなければなりません。

    仮ナンバーを取得して自分で運転して車を持ち帰る方法の他には、積載車に積んで運ぶという方法があります。積載車に落札した車を積み込むことによって、その車自体が公道で走っているわけではありませんから問題はありません。ただ車を積み込める積載車を所有している人はほとんどいませんから、積載車を使うときはレンタカー店でレンタルをすることになります。しかし積載車を運転することは慣れていない人にとっては難しく、また車を積み込むときには落ちないようにしっかりロープを張ったりしなければなりません。それらの作業は素人には難しいですから、慣れていない人にはあまりおすすめできない方法です。

    運送サービスを利用して車を車検切れの車を運んでもらおう

    その他の方法としては、車の運送サービスを行っている会社に依頼することです。車は重量がかなりありますから、運送サービスに依頼して運んでもらうときは手数料もかなりかかることが予想できます。ただ運送サービスは車を傷つけることなく運んでもらえますから、落札した車を手元まで安全に運んでもらえるというメリットがあります。

    このように車検切れした車でも落札してから手元に届けられるまでいくつかの対処法があります。中古車販売業者を通すよりもオークションで購入する方が安いという大きなメリットがありますが、車検切れの車を購入する場合は注意しなければならないこともあります。それは車検切れがいつからなのかを確認しておくことです。

    車検が切れている期間が長いときは、その間に整備が行われていないことが多いので、その間に車の様々な部分が劣化して問題が起きている可能性があります。安く購入できても修理費用が高くつくこともありますから、様々な面を考慮して落札する必要があります。

    車検切れの売却ならこのようなサイトを見るのもオススメします
    Q.車検切れの車を買取に出す事はできますか?A.問題なくできます

     
  • seiryu-juku.com 9:20 PM | 2017年2月12日 パーマリンク  

    車検切れ車の買取査定はアップルが信頼できます 

    近頃では、大切に長年乗ってきた自動車が古くなり、新しい車に買い替えを検討している人が多くみられるようになりました。2年に一度の車検を通さずに車検切れとなってしまった自動車は、買取専門業者に依頼することで非常に高い値段で買い取ってもらえるケースが増えているのです。数多くの専門業者がありますが、それらの中でも高い知名度を誇っているアップルは、いざという時に頼りになる味方としても親しまれています。アップルは国内最大級の豊富な実績と経験がありますので、安心して任せることができると選ばれています。

    アップルへの見積もり依頼は無料でできます

    また、インターネットサイトを活用してだれでも簡単にパソコンやスマートフォンから申し込むことができる点も魅力的です。見積もりは完全無料となっていますので、まだはっきりと買取に出すか決めかねている状態の人でも気軽な気持ちで見積もりに申し込めるのです。自動車についてのあらゆる相談にもプロフェッショナルのスタッフが親身になって対応してくれますので、非常に頼りになる存在となってくれます。

    古い年式の車でもしっかりと値段をつける良心的な見積もり対応にも好印象を受けている人々が多いといえます。小さな疑問にも丁寧にわかりやすく説明してもらえますので、納得行くまで向き合って買取を依頼することにつながります。そのため、後悔することなく理想的な買取サービスを叶えることができるのです。

    依頼を受けたら車をデータベースに登録して約6000社以上の小売業者に公開しています。国内で最も高く売れるオークションを利用することで、大幅に仲介料をカットして高額買取につなげているのです。さらに、海外で人気の高い車種やカラーなどの自動車は、独自のルートを築いた上で海外へ直接輸出しています。コストカット効果も高く、お客様の利益のために全力で努力や工夫を積み重ねています。

    創業から長い間、あらゆる年代の人々が快適に生活できるよう、質の高いサービスを提供し続けているのです。車検切れの車を積極的に買い取って修理することによって、部品などを無駄にすることなくリサイクルに役立てることにもつながります。環境を重要視したアップルの姿勢は、多くの人々の共感を呼んでいるのです。アップルでは、お客様の大切な愛車をしっかりと正確に評価してくれるスタッフが、丁寧に時間をかけてチェックしながら査定しています。そのため、信頼できるパートナーとしても重宝されています。

    顧客満足度ランキング三年連続一位!

    顧客満足度ランキングでは、三年連続一位を獲得している会社ですので、アフターサービスも万全の体制をとっています。万が一、車のトラブルに見舞われた時でも頼りになる心強い味方となってくれるのです。見積もり方法もわかりやすく、ネジ一本からしっかりと金額を見せてくれる対応にも感謝している人が増えています。担当スタッフの臨機応変な対応能力も素晴らしく、急いでいる人もスピーディーな買取を実現することが可能になっています。

    さらに、独自の情報源を持っていて、どの地域でどんな自動車が1番売れているのか細かく分析をしています。オークションの最高値も把握しているため、リアルタイムで買い取り金額に反映させているのです。自動車のスペシャリストとして絶大な信頼を誇っている会社といえます。

    このように、アップルでは長年積み重ねてきた実績やノウハウ、専門知識や高度なスキルを駆使して、最善の結果となるよう徹底したサービスを提供しているのです。お客様一人一人のライフスタイルやニーズに合わせて、コミュニケーションをとりながら納得できる査定を行なっています。利用者たちの間での評判は非常に高く、リピーターも年々増加してきているのです。

    アップルのサイトはこちらから
    http://www.applenet.co.jp/satei/

     
  • seiryu-juku.com 11:15 PM | 2017年2月9日 パーマリンク  

    車検切れを知らなかったらどうなる?どうすればいい? 

    車社会の現代ですが、車一台一台に安全に乗るために車検が設けられています。

    車検とは自動車検査登録制度のことです。検査によって安全に乗ることができる車であるということを確認すると同時に、もう一つ車の所有権を法律的に認めてもらい登録するための制度です。

    言ってみると自分の安全を守るためだけではありません。公道を走る車である以上、周りにも安全であることと公害を発生しないことなども重要となってくるのです。

    車検の内容は自動車の点検・整備と、自賠責保険に加入する必要があります。

    この車検の登録は、一定の期間が設けられています。

    一定の期間ごとに更新が必要となってきますが、新車の場合は購入して最初は3年に1度、それ以降や中古車の場合は2年に1度車検を受けることが義務付けられています。

    もしも車検が義務化されていなければ、車検にかかるお金を惜しんで車を専門の会社で整備してもらうこともなく整備不良による故障車が後をたたないでしょうし、それによる痛ましい事故もたくさん増えることでしょう。

    また、保険のお金を払うことをしぶって、自賠責保険に加入していない人が増えると被害に遭ったひとが十分な補償を得ることが出来ない事態も多く起こります。

    なので車検を義務化することで、少しでも車は事故や不幸な事態を防ぐことが出来るように対策をとられているのです。

    車検の期限を知るには、車検証で有効期間を確認することができますし、車の前面ガラス中央の上部に貼り付けることが義務づけられている検査標章のステッカーに数字で示されているので確認することができます。

    よく車検切れしてしまってそれに気が付かなかったり、知らなかったという人が多くいるかと思いますが、実際に車検切れを知らなかったらどうなるのでしょうか。また、車検切れに気づいたらどうすればいいのでしょうか。

    まず、車検切れしてしまった車は公道を走ることはできません。

    なので車検切れに気がついて、慌ててその車に乗って車検を受けに行くことは「無車検車運行」で法律違反になってしまいます。

    無車検車運行をしてしまうと、違反点数にプラスして、罰金もしくは罰則が科せられます。

    なので、仮ナンバーをつけて車検を受けにいくか、業者に依頼して車をトラックに積んで車検を受けに行きましょう。

    仮ナンバーとは、車検の有効期限が切れている車につけるナンバーのことです。

    たまに街中でナンバープレートに赤い斜線が入ったプレートを付けている車を目にすることがありますが、まさにこれが仮ナンバーという、法律で認められたナンバーのことなのです。この仮ナンバーを取得するには、自分が住んでいるところもしくは、車の置いてある管轄の区役所や市役所で手続きをします。運転免許証や印鑑、自賠責保険証の原本、手数料、運行する車を確認する書類を持参して自動車臨時運行許可申請書を記入して、窓口に提出するとその場で仮ナンバーを貸し出してくれます。

    この仮ナンバーは貸出期間があり、申請日当日を含めて3日間になります。もちろん、貸出期間を過ぎてしまうと無車検車の扱いになってしまうので注意が必要です。

    車検は車が安全に走ることができるという、法律で定められた保安基準であって、次回の車検まで確実に安全に走ることが出来るという保証ではありません。つまり、車検を受けた時点で安全な車という保証です。なので、車検を受けたから大丈夫という心持ではなく、定期的に車の点検や整備を行うことがより安全に車を乗る上で重要になってきます。

    いくら車検切れを知らなかったといってもそれはやはり自分の管理不足です。仮ナンバーという法律の手助けもあるわけですし、落ち着いて手配をして次回の車検からは気を付けるようにしましょう。

     
  • seiryu-juku.com 11:10 AM | 2017年2月8日 パーマリンク  

    車検切れの自動車を再登録するには? 

    うっかり期日を忘れてしまっていたなどの事情によって、いったん車検切れとなってしまった自動車であっても、再登録をすることは可能ですが、通常の場合よりも、かなりの手間と労力を必要とすることはたしかであるといえます。

    当たり前ですが、車検切れの車は公道を走れません

    まず、車検切れの自動車は、ナンバープレートがついていたとしても、法律上、そのままでは公道を運行することができないことになっています。これは、自動車の安全を確保するという意味では不可欠の規制であり、無理に公道を走行した場合には、罰金や懲役といった刑罰が科せられることさえありますので、要注意といえます。

    この場合、もしも車検を通すために自動車整備工場などに運搬するにあたって、自力で運転することにこだわるのであれば、市町村役場で仮ナンバーの交付を受けるという方法があります。仮ナンバーの取得にはいくらか手数料がかかりますが、それよりも重要なのは、ナンバーを使用できる経路や日数が決められてしまって、旅行や通勤などの他の目的では自由に使えないということです。仮ナンバー以外の方法としては、自動車整備工場などに依頼して、レッカー車で運んでもらい、その間は代車を貸してもらうというのが一般的であるといえます。

    再登録するための必要書類は?

    こうして整備工場に持ち込んで、必要な点検や、タイヤやその他の部品の交換、不具合箇所の調整などをすませた自動車は、さらに車検場に移動させて、そこで再登録のための検査を受けることになります。検査そのものについては、通常の車検の内容と別に変わりませんが、提出書類については注意をする必要があります。

    提出書類としては、再登録の申請書そのもののほかにも、自動車税が納税済みであることを示す納税証明書、現在有効な状態にある自賠責保険の保険証書などといったものがあります。車検切れというからには、自動車税についても滞納をしてしまっていることを考えなければなりませんので、滞納分をしっかり納付してからでなければ、再登録もできないということになります。

    自賠責保険は強制で入らないといけないです

    また、自賠責保険についても、期限切れである場合には、再度、保険料を支払って加入をしなければなりません。車検を取り扱っているディーラーなどが自賠責保険の代理店としての担当者を抱えている場合は、それほど手間はかかりませんが、そうでない場合には、みずから代理店を差が契約をしなければならないことになります。ちなみに、この自賠責保険の期限切れ、要するに未加入状態で公道を走行した場合についても、やはり自動車損害賠償保障法とよばれる法律によって処罰の対象となってきますので、車検をするとしないとにかかわらず、注意はしておいたほうがよいといえます。

    一時抹消の手続き

    そのほか、車検切れとはいっても、海外に留学や赴任をするといった理由で、いったんナンバープレートを返納した状態にしていた自動車を、ふたたびナンバープレートを取得して公道で走行させるというような場合も考えられます。この場合のナンバープレートの返納というのは、一時抹消登録とよばれる手続きのことであり、無事に運輸支局などでの手続きが終わった段階で、抹消登録証明書を交付されているはずです。したがって、再登録をするにあたっても、この抹消登録証明書を添付した上でしなければならないということになります。

    以上のように、車検切れとなっている自動車を再登録するにあたっては、注意しなければならないポイントや、必要な手続き、書類などが多岐にわたってくるため、自動車を購入したディーラー、自動車整備工場などといったところの専門的なスタッフに依頼をするのがもっとも手っ取り早い方法であるといえます。もしもみずから手続きがしたいという場合でも、行政書士などの公的な書類を作成する専門家にサポートをしてもらうことが望ましいといえるでしょう。

     
c
新規投稿作成
j
次の投稿 / 次のコメント
k
過去の投稿 / コメント
r
返信
e
編集
o
コメント表示 / 非表示
t
トップへ移動
l
ログインへ
h
ヘルプを表示 / 非表示
Shift + ESC
取り消し