オークションで車検切れの車を購入した時の対処法

中古車を購入するときは、中古車販売業者から購入することが一般的でした。しかし中古車販売業者を通すことによって中間マージンが発生してしまうので、販売価格に上乗せされることがあります。そのためもっと安く中古車を購入したい人と、もっと高値で中古車を売りたいという人の利害が一致して、最近はオークションで車の売買が盛んになっています。

ただオークションで購入するときには注意が必要で、詳細な情報を得られるかどうかを確認する必要があります。中古車販売業者のように、売り手と買い手の間にたってくれる人がいませんから、購入するときは自己責任になります。そしてオークションで出品されている車の中には、車検切れのものもあります。

仮ナンバーを取得して運転する方法

車検を通しておかないと公道では走ることができないと法律で定められているので、車検切れの車を落札しても移動することはできないのではないかと心配になることがあります。しかし車検切れの車をオークションで落札した場合は、ちゃんと移動するための手段があります。1つは、仮ナンバーを取得して車を自分で運転する方法です。

自分が住んでいる自治体の役所に行き、臨時運行許可証を得る手続きをします。その際に提出するものは、認印と自賠責保険証書、そして車検証もしくは抹消登録証明書です。自賠責保険証書は1か月間の短期の物でかまいません。ほんの少しとはいえ運転するのですから、万が一の事故のためにも加入しなければなりませんし、車を運転する人は自賠責保険に加入することが法律で定められています。

仮ナンバーを取得したら、そのナンバーを持ってオークションで落札した車を引き取りに行きます。仮ナンバーを申請するときに、出発地と到着地を記入しますので、それ以外の走行はしてはいけません。また助手席や後部座席に人を乗せることもできませんから、寄り道などはせずに出発地から到着地だけの運転にします。仮ナンバーは期限がありますから、期限内に落札した車を取りに行き、さらに車検を通さなければなりません。

仮ナンバーを取得して自分で運転して車を持ち帰る方法の他には、積載車に積んで運ぶという方法があります。積載車に落札した車を積み込むことによって、その車自体が公道で走っているわけではありませんから問題はありません。ただ車を積み込める積載車を所有している人はほとんどいませんから、積載車を使うときはレンタカー店でレンタルをすることになります。しかし積載車を運転することは慣れていない人にとっては難しく、また車を積み込むときには落ちないようにしっかりロープを張ったりしなければなりません。それらの作業は素人には難しいですから、慣れていない人にはあまりおすすめできない方法です。

運送サービスを利用して車を車検切れの車を運んでもらおう

その他の方法としては、車の運送サービスを行っている会社に依頼することです。車は重量がかなりありますから、運送サービスに依頼して運んでもらうときは手数料もかなりかかることが予想できます。ただ運送サービスは車を傷つけることなく運んでもらえますから、落札した車を手元まで安全に運んでもらえるというメリットがあります。

このように車検切れした車でも落札してから手元に届けられるまでいくつかの対処法があります。中古車販売業者を通すよりもオークションで購入する方が安いという大きなメリットがありますが、車検切れの車を購入する場合は注意しなければならないこともあります。それは車検切れがいつからなのかを確認しておくことです。

車検が切れている期間が長いときは、その間に整備が行われていないことが多いので、その間に車の様々な部分が劣化して問題が起きている可能性があります。安く購入できても修理費用が高くつくこともありますから、様々な面を考慮して落札する必要があります。

車検切れの売却ならこのようなサイトを見るのもオススメします
Q.車検切れの車を買取に出す事はできますか?A.問題なくできます