車検切れを知らなかったらどうなる?どうすればいい?

車社会の現代ですが、車一台一台に安全に乗るために車検が設けられています。

車検とは自動車検査登録制度のことです。検査によって安全に乗ることができる車であるということを確認すると同時に、もう一つ車の所有権を法律的に認めてもらい登録するための制度です。

言ってみると自分の安全を守るためだけではありません。公道を走る車である以上、周りにも安全であることと公害を発生しないことなども重要となってくるのです。

車検の内容は自動車の点検・整備と、自賠責保険に加入する必要があります。

この車検の登録は、一定の期間が設けられています。

一定の期間ごとに更新が必要となってきますが、新車の場合は購入して最初は3年に1度、それ以降や中古車の場合は2年に1度車検を受けることが義務付けられています。

もしも車検が義務化されていなければ、車検にかかるお金を惜しんで車を専門の会社で整備してもらうこともなく整備不良による故障車が後をたたないでしょうし、それによる痛ましい事故もたくさん増えることでしょう。

また、保険のお金を払うことをしぶって、自賠責保険に加入していない人が増えると被害に遭ったひとが十分な補償を得ることが出来ない事態も多く起こります。

なので車検を義務化することで、少しでも車は事故や不幸な事態を防ぐことが出来るように対策をとられているのです。

車検の期限を知るには、車検証で有効期間を確認することができますし、車の前面ガラス中央の上部に貼り付けることが義務づけられている検査標章のステッカーに数字で示されているので確認することができます。

よく車検切れしてしまってそれに気が付かなかったり、知らなかったという人が多くいるかと思いますが、実際に車検切れを知らなかったらどうなるのでしょうか。また、車検切れに気づいたらどうすればいいのでしょうか。

まず、車検切れしてしまった車は公道を走ることはできません。

なので車検切れに気がついて、慌ててその車に乗って車検を受けに行くことは「無車検車運行」で法律違反になってしまいます。

無車検車運行をしてしまうと、違反点数にプラスして、罰金もしくは罰則が科せられます。

なので、仮ナンバーをつけて車検を受けにいくか、業者に依頼して車をトラックに積んで車検を受けに行きましょう。

仮ナンバーとは、車検の有効期限が切れている車につけるナンバーのことです。

たまに街中でナンバープレートに赤い斜線が入ったプレートを付けている車を目にすることがありますが、まさにこれが仮ナンバーという、法律で認められたナンバーのことなのです。この仮ナンバーを取得するには、自分が住んでいるところもしくは、車の置いてある管轄の区役所や市役所で手続きをします。運転免許証や印鑑、自賠責保険証の原本、手数料、運行する車を確認する書類を持参して自動車臨時運行許可申請書を記入して、窓口に提出するとその場で仮ナンバーを貸し出してくれます。

この仮ナンバーは貸出期間があり、申請日当日を含めて3日間になります。もちろん、貸出期間を過ぎてしまうと無車検車の扱いになってしまうので注意が必要です。

車検は車が安全に走ることができるという、法律で定められた保安基準であって、次回の車検まで確実に安全に走ることが出来るという保証ではありません。つまり、車検を受けた時点で安全な車という保証です。なので、車検を受けたから大丈夫という心持ではなく、定期的に車の点検や整備を行うことがより安全に車を乗る上で重要になってきます。

いくら車検切れを知らなかったといってもそれはやはり自分の管理不足です。仮ナンバーという法律の手助けもあるわけですし、落ち着いて手配をして次回の車検からは気を付けるようにしましょう。