車検切れの自動車を再登録するには?

うっかり期日を忘れてしまっていたなどの事情によって、いったん車検切れとなってしまった自動車であっても、再登録をすることは可能ですが、通常の場合よりも、かなりの手間と労力を必要とすることはたしかであるといえます。

当たり前ですが、車検切れの車は公道を走れません

まず、車検切れの自動車は、ナンバープレートがついていたとしても、法律上、そのままでは公道を運行することができないことになっています。これは、自動車の安全を確保するという意味では不可欠の規制であり、無理に公道を走行した場合には、罰金や懲役といった刑罰が科せられることさえありますので、要注意といえます。

この場合、もしも車検を通すために自動車整備工場などに運搬するにあたって、自力で運転することにこだわるのであれば、市町村役場で仮ナンバーの交付を受けるという方法があります。仮ナンバーの取得にはいくらか手数料がかかりますが、それよりも重要なのは、ナンバーを使用できる経路や日数が決められてしまって、旅行や通勤などの他の目的では自由に使えないということです。仮ナンバー以外の方法としては、自動車整備工場などに依頼して、レッカー車で運んでもらい、その間は代車を貸してもらうというのが一般的であるといえます。

再登録するための必要書類は?

こうして整備工場に持ち込んで、必要な点検や、タイヤやその他の部品の交換、不具合箇所の調整などをすませた自動車は、さらに車検場に移動させて、そこで再登録のための検査を受けることになります。検査そのものについては、通常の車検の内容と別に変わりませんが、提出書類については注意をする必要があります。

提出書類としては、再登録の申請書そのもののほかにも、自動車税が納税済みであることを示す納税証明書、現在有効な状態にある自賠責保険の保険証書などといったものがあります。車検切れというからには、自動車税についても滞納をしてしまっていることを考えなければなりませんので、滞納分をしっかり納付してからでなければ、再登録もできないということになります。

自賠責保険は強制で入らないといけないです

また、自賠責保険についても、期限切れである場合には、再度、保険料を支払って加入をしなければなりません。車検を取り扱っているディーラーなどが自賠責保険の代理店としての担当者を抱えている場合は、それほど手間はかかりませんが、そうでない場合には、みずから代理店を差が契約をしなければならないことになります。ちなみに、この自賠責保険の期限切れ、要するに未加入状態で公道を走行した場合についても、やはり自動車損害賠償保障法とよばれる法律によって処罰の対象となってきますので、車検をするとしないとにかかわらず、注意はしておいたほうがよいといえます。

一時抹消の手続き

そのほか、車検切れとはいっても、海外に留学や赴任をするといった理由で、いったんナンバープレートを返納した状態にしていた自動車を、ふたたびナンバープレートを取得して公道で走行させるというような場合も考えられます。この場合のナンバープレートの返納というのは、一時抹消登録とよばれる手続きのことであり、無事に運輸支局などでの手続きが終わった段階で、抹消登録証明書を交付されているはずです。したがって、再登録をするにあたっても、この抹消登録証明書を添付した上でしなければならないということになります。

以上のように、車検切れとなっている自動車を再登録するにあたっては、注意しなければならないポイントや、必要な手続き、書類などが多岐にわたってくるため、自動車を購入したディーラー、自動車整備工場などといったところの専門的なスタッフに依頼をするのがもっとも手っ取り早い方法であるといえます。もしもみずから手続きがしたいという場合でも、行政書士などの公的な書類を作成する専門家にサポートをしてもらうことが望ましいといえるでしょう。