車検切れの車を運転 逮捕もある?

車検の満了日が過ぎた車を運転すると、どのような罰金が課せられ、免許の点数はどうなるのでしょう。

車検が切れた車を公道で走らせた場合、道路運送車両法違反となり、

  1. 違反点数6点(前歴が無い場合)
  2. 30日間の免許停止
  3. 6ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金

となります。
警察に検問を受けた場合には、その場で赤切符を切られ、免許証を取り上げられてしまいます。後日、免許センターから呼び出しを受けて、免許停止処分となります。また、裁判所からも後日呼び出しを受けて罰金刑を言い渡されます。

自賠責保険がきれていて、その車を公道で走らせた場合、

  1. 違反点数6点(前歴が無い場合)
  2. 1年以下の懲役または50万円以下の罰金

となります。

どちらの場合も併用した場合(車検が切れていてかつ、自賠責保険もきれた車を行動で走らせた場合)、

  1. 違反点数6点(前歴が無い場合)
  2. 90日間の免許停止
  3. 1年6ヶ月以下の懲役または80万円以下の罰金

となります。

なお、前歴とは、過去3年間で免許停止や免許取り消しの処分を受けた回数をいいます。免許停止などの処分後1年間を無事故・無違反で過ごすことができれば前歴は0回になります。また、罰金についてはその事情により、分納をすることもできますので、相談すると良いでしょう。

また、車検が切れていてかつ、自賠責保険もきれた車を行動で走らせた場合のように、同時に2つ以上の種別の違反行為に当たる時は、これらの違反行為の点数のうち高い点数になり、同じ点数の時は、その点数によると道路交通法施工令の別表に規定されています。よって、車検が切れていてかつ、自賠責保険もきれた車を行動で走らせた場合は6点の違反点数となります。

車検が切れている車のほとんどは、自賠責保険もきれてしまっています。これは、新車を購入するときも、その後に車検を受けるときにも、通常、車検の有効期間と同じ期間分を契約するからです。その為、車検切れを起こしている車は自賠責保険もきれている場合が多いのです。

初犯の場合や、度重なる違反というう事でなければ、20~30万円程度で済む場合が多く、書類上は略式命令で受けるということになります。しかし、悪意や常習性が認められれば、交通刑務所に入ることもあります。つまり、車検切れの車を運転 逮捕もありえます。このような状態で、交通事故を起こしてしまったら、最悪の事態にもなりかねません。

一方で、車検切れで警察に取締りを受けた人の中には、厳重注意のみで済んだという人もいます。考えられる理由のひとつには車検切れの罰則を規定している条文に「過失により」という過失規定がないためです。車検が切れていることを知らなかった場合には、罪に問われないというわけです。一番重要なことは、「車検切れとなってからの期間の長さ」です。

何年も車検切れとなっていれば考慮の余地はなく罰金の適用となりますが、つい最近、車検が切れたばかりで更新を忘れていたというような場合には原則として罰金の適用があるとは限りません。

およそ、6ヶ月未満で罰金や罰則の適用がなく、それ以上の期間が経過していた場合には罰金や罰則の適用となることが多いようです。

しかし、かならず厳重注意のみで済むというわけではありません。知らなかったという言い訳は通じるとは考えにくいです。その為、車検証や車検証のステッカーを見て車検が有効かどうかを日頃からチェックする習慣をつけておきましょう。

車検の有効期限を過ぎた車を車検に出すのには、公道を走ることが出来ない為、レッカー車の手配などが必要になります。

車検を自分でとおすユーザー車検の場合や、車検業者に直接持っていく場合には、市区町村役場で、公道を走れる仮ナンバーを取得しなければならず、手間と時間がかかります。期間内に車検を通すようにしましょう。